所長の研究日誌 (10/14) 日食見れず。

ブルーだった日は、たった2日で終焉を迎えたわけで。
いや、全然解決したわけでは無いんですが、感覚も麻痺したわけで。
コウナリャ無敵ダイ、フフフ。


ここ数日の各ラボの研究発表は、
となっております。よろしくどうぞー。

                 *      *      *

今日は確か日食の日だったと記憶しておりますが。
ちょっと用事があって河原には出かけられませんでした。しかしどっちにしろ曇ってたから駄目だったかな?

                 *      *      *

そして、ジーコジャパン。やりました!やってくれました!
いやぁ、ホント久しぶりにシビレる試合でしたねー。2点差以上で負けたらなんと、アジア予選1次リーグ敗退率99%になるところでした。まぁどこで負けたって一緒ではありますが、やっぱ1次リーグで負けちゃうと今まで積み上げてきたものがチャラになってしまうような、そんな薄ら寒い思いでおりましたが。

「ほかの試合でほとんど活躍してないんで…。大事な試合で実力以上の働きをするのがボクのスタイルですから」。思わず大きく頷いてしまった、鈴木選手のコメントでした。いや、しかし大事な試合で決めれるってのは一番すごい事だ!やっぱ何かを打破するには「気合」っていうのはかなりのウエイトを占めるもんなんだろうなぁ。すばらしい。

田中まこのスーパーミラクルセーブもすごかった!日々の練習の賜物。「ささっ」てきちんとあそこケアしてるんだもの。ほぼ無意識だろうなぁ。ウチの坪井くんも勉強になっただろう。うん。

そして何より、中澤の安定感はなんだ!?ゴール前にいちかばちかで放りこんできたボールはすべてこの男がはじき返す!井原も「アジアの壁」って言われてたけど、「壁」っていうのに一番ふさわしいのは中澤だ。ボンバー!

                 *      *      *

ニュース、斜め読み。


【カズ、ゴンら功労者が代表復帰へ】

<ニッカンスポーツより>
 W杯アジア1次予選の最終戦となるシンガポール戦(11月17日・埼玉)に臨む日本代表に、FW三浦知良(37=神戸)ら功労者のベテラン勢が招集される見込みとなった。日本サッカー協会の川淵三郎会長が14日、ジーコ監督から提案されたことを明らかにした。

 川淵会長によると、ジーコ監督はFW中山雅史(37=磐田)やDF秋田豊(34=名古屋)らの名前も挙げ「彼らへの感謝の気持ちを示し、勝利を前提にきちんとキャンプをして臨みたい」と話したという。また、けがで代表を離れている中田英寿(27=フィオレンティナ)と稲本潤一(25=ウェストブロミッジ)も回復次第で招集する。

 日本は13日のオマーン戦で1次予選突破を決めており、最終戦の勝敗に関係なく、来年2月からの2次予選進出が決まっている。


なるほど。しかし、カズ、喜ぶかな?



【NTTドコモが“肉伝導”携帯】

<ニッカンスポーツより>
 NTTドコモは14日、耳の後ろに当てたマイクが声帯の振動を拾い声として相手に伝える、世界初の「体内伝導(肉伝導)方式」の携帯電話用マイクを、共同で試作したと発表した。

 実用化のめどは付いていないが、18日に名古屋市で始まる「ITS(高度道路交通システム)世界会議」に参考出展する。イヤホンとつながったこのマイクを耳の後ろに当て携帯電話に接続すれば、周囲には聞こえないようなささやき声でも、声帯の振動をマイクが拾い上げて伝えることができる。駅のホームや会議中など大きな声を出せない場所や、高速運転中で騒音が多い車内などで効果を発揮、障害者のコミュニケーション手段としても使えるという。

 この方式は奈良先端科学技術大学院大学の学生で医師の中島淑貴さんが発明。試作品の製作には旭化成、ミツミ電機も参加した。


骨伝導につづく第2弾。っていうのとはまた違うのかな?
”骨”はうるさいところでも聞こえて、”肉”は小さな声でも拾ってくれる。
うるさいところにいて、かつ小さな声しか出せない時には、両方あると便利だなぁ。
っていうか、そんなシチュエーションないか…。
何にしろ、スバラシイ発明ではあります。



【日本の経済競争力は9位】

<共同より>
 スイスの民間経済研究機関「世界経済フォーラム」は13日、世界104カ国・地域を比較した2004年版の「経済競争力報告」を発表、日本は昨年より順位を2つ上げ、9位となった。

 首位と2位は前年同様フィンランドと米国。アジア太平洋地域では、日本のほか台湾(4位)とシンガポール(7位)がベストテン入りした。

 日本については「経済の回復力が強く、ビジネスの信頼度を高めた。また、公共部門の透明性を測るさまざまな指標で顕著な向上がみられた」と順位が上がった理由を説明した。同報告での日本の順位は01年が21位、02年が16位だった。

 世界経済フォーラムは政財界の著名人を集めて開く「ダボス会議」の主催団体として有名。



みなさんは知っていましたか?フィンランドはすごい経済競争力があるんですねー。ボク知りませんでした。ボクのイメージとしては、ニッカネンとリトマネン、ってくらいだったんですが、今後は「経済競争力の強い国」をINPUTしておきます。
そして、台湾やシンガポールもすごいんですねぇ。へぇ~。

それにしてもそれが強いと、どうなんだろう?



【古風な大阪に寂しい東京 独身女性、名古屋は自由】

<共同より>
 結婚を焦る古風な大阪、自立心は強いが寂しい東京、親元で自由を楽しむ名古屋。結婚情報会社「オーエムエムジー」(大阪市)が行った三大都市圏の独身女性の意識調査で、地域による女心の違いが浮き彫りになった。
 早い時期の結婚を最も強く望んでいるのが大阪。「なるべく早くしたい」は32・0%で、東京の22・3%を大きく上回った。「結婚は家と家との問題」との考えも83・5%と最多で、保守的な家庭観がうかがえる。
 東京は「妻の収入が多ければ夫が家事専任でも構わない」が72・8%で、大阪の59・2%と比べ自負心の強さが目立つ。
 結婚したくない理由は「理想の相手がいない」が65・0%と大阪の33・3%の倍近くあり、男性を見る目が一番厳しい。


「だからかぁ!」
…いや、特に意味は無いんですが。しかし、そうですか、そうでましたか。むぅ…。いや、特に意味は無いんですが…。



最後は「どうにかならんか?」という話題。
【年金給付は保険料分だけ 80年生まれからと三菱総研】

<共同より>
 三菱総合研究所は14日、社会保障費の今後100年間の長期推計と、各世代ごとの受益と負担の試算を発表した。
 年金について、負担額の何倍給付を受けられるかを示す給付倍率を世代別に見ると、保険料負担が少なかった1930年生まれが7・6倍なのに対し、80年生まれからは1倍で、会社員の場合は自分と会社が払った保険料分を受け取るのが精いっぱい。保険料率が毎年上がる一方で給付が減らされる今回の年金制度改革の影響が明確に出る。
 医療は、高齢化の進行に加え高額な先進診療が増えるため、2033年に給付費が年金を追い抜き、2100年は2000年の25兆円に比べ10倍以上の270兆円となる。


1倍って…。まぁ、会社負担分と合わせれば払った分の2倍にあたるのかもしれませんが、それにしても…。
ワタクシはギリギリ70年代生まれなんですが、「だからいい」というわけではちっともありません。困ったモンですねー。

思うんですが、払っても払わなくても大差ないからみんな払わないんじゃないですかね?払ったらかなりお得だ!っていうのを無理してでも作り上げないとみんな払わないだろうし、逆にいえば「それなら払おう」って言う人もでるかもしれないなぁって思うんです。
ま、それでも払ってくれなければ、余計逼迫するか…。

                 *      *      *


それでわ、本日の締めの句を。

メイン・ストリームストリートを歩いてみないか
そして果てしなく続く線路に架かる橋を渡れ
たとえ今はしくじっていても

( MANDO DIAO 『CLEAN TOWN』 訳:今井スミ )

※入力ミスに投稿の三日後に気がつきました。今井スミさん、どうもごめんなさい。



それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by robita00 | 2004-10-15 00:33 | 所長の研究日誌 | Comments(0)