所長の研究日誌 (10/4) 雨、雨、雨、雨。

今日の各ラボの研究発表は、
となっております。よろしくどうぞー。

                 *      *      *

そういえば明日は100sの新曲が店頭に並ぶ日だ。
ということで、月に一度の研材調達は明日に決定。…雨、なんだよなー。
そろそろただでさえ少ない研材費も削らなければやっていけなくなって。
明日は最後と思って、思う存分仕入れてこよう。せっかくオススメいただいたものもあるので、運良く出会えることを祈って…。

                 *      *      *

【レストランで“ヅラ剥ぎ”、被害者激怒し犯人は有罪】

<サンケイスポーツより>
レストランで食事中の男性客(60)のカツラをはぎ取った男(25)の裁判が3日までに米ペンシルベニア州で開かれ、男に有罪判決が下った。友人にそそのかされて犯行に及んだといい、窃盗罪が適用された。また、被害者は“実行犯”よりも“教唆”した友人に怒り心頭で、今後民事訴訟を起こす構えだ。

                          ◇

 「実行犯」として有罪判決を受けたのは、同州ルモアーヌ在住のポール・ガウディ被告(25)。地元報道によれば、ガウディ被告は友人のマシュー・フリンチボー被告(26)とともに、今年1月に州都ハリスバーグのレストランへ。“いかにも”の男性が視界に入った。

 フリンチボー被告から「あの頭はカツラだ。あれをはぎ取ったらお前に100ドル(約1万1000円)やるよ」と持ち掛けられたガウディ被告は了承。食事中の男性に小走りで近づき、カツラを引っぱがして逃走した。偶然、レストランにガウディ被告の高校時代の級友が訪れており「あれはガウディの仕業だ」。卒業写真で「間違いない」と確認、面が割れてしまった。

 警察当局から事情聴取されたガウディ被告は当初、容疑を否認。しかし強盗罪での立件をチラつかされると一転、犯行を認めた。結局は窃盗罪が適用され、先月中旬に裁判所で「23カ月の保護観察処分と500ドル(約5万5000円)、被害者へ謝罪の手紙を書くように」との判決が下った。

 2人にはカツラの修理代475ドルの支払いも命じられた。そそのかしたフリンチボー被告は窃盗教唆罪で起訴されており、今月中に公判予定。弁護側は「判断を誤って犯したイタズラ」とかばっている。

 被害の男性は実名報道されており「そっちにとってはイタズラのたぐいかもしれないが、私には大問題。何の理由もなく他人に恥をかかせるなんて…。笑い話じゃ済まない」と激怒。目下、フリンチボー被告に対する民事訴訟を検討中。ただし「謝罪するなら話は別」としている。



「謝罪するなら話は別」ってくらいなら、もっと内々で和解したほうが実名報道されなくて良かった気もしますが…。
「笑い話じゃ済まない」って、すっかり笑い話として広まってしまいそうなのが気の毒ではありますね。
しかしまぁ、100ドルくらいでよくそんなことしますなぁ、ガウディ君。もう25歳なんでしょうに…。

                *      *      *


それでわ、本日の締めの句を。

「言えることは、小さいことを重ねるのがとんでもないところに行くただ1つの道ということ」

( イチロー、84年ぶりにメジャーの最多安打記録を塗り替えてのインタビューで )



それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by robita00 | 2004-10-04 21:50 | 所長の研究日誌 | Comments(0)