【本日の研究】 『アイアムアヒーロー』 #1,2 花沢 健吾

<comic - '10>

本日の研材、

 
a0035263_9191629.jpga0035263_9194140.jpg















        ・ 『アイアムアヒーロー』 #1,2
                  花沢 健吾



先日久々に大型書店に行ったとき、POPに惹かれて即買いしたのが『テルマエ・ロマエ』とこれ、でした。


主人公・鈴木英雄は、元漫画家のさえない青年。デビュー作は即座に打ち切られ、アシスタントをしながら再デビューを目指すが、なしのつぶて。職場の人間関係も上手く行かず、さらに夜になれば何者かが忍び寄る妄想に囚われ、眠れぬ夜を過ごす。そんな無為な日常の中の救いは、恋人である黒川徹子の存在。だがその彼女もすでに売れっ子漫画家になった元カレを何かと引き合いに出し、さらには酔うたびに英雄の不甲斐なさをなじる始末。

その一方、世間では不穏な兆候を示す出来事が相次いで起こっていた。全国に多発する噛み付き事件、町に増えてゆく警官の数、厚労相の入院と入院先での銃撃戦…だが、日々の生活で手一杯の英雄らにそんな報道を気に留める余裕などあるはずもなかった。

そしてある日、そんな日常は思いもよらない形で崩壊を始める。英雄の眼前に繰り広げられるのは、周囲の人々がゾンビのような異形となって襲いかかり、彼らに噛み付かれた者は新たな感染者となり次々と増えて行く、まるで悪夢のような光景であった。恋人や仕事仲間も犠牲となり、街中がパニックに覆われる中、英雄は果たして。

以上、ウィキより抜粋のあらすじでした。

ボクはこのマンガ家さんお初なんですが、なるほどこの作品はコメントにあったように、何が起きているかは分からないが、確実にどでかい何かが起こっているという点では、『ドラゴンヘッド』を想起させるものであり。

全てタイトルなしで、”第1話”とかなんですが、唯一第10話のみ”臨界”というタイトルがついており、確かにここから話が動き出します。

1巻のラストが非常に興味をそそるものですぐに2巻を買ったのですが、うーん、ボクの大好きな方向からは少し違ってきているような気も。まぁ、全てが大好きな方に向かっても面白くは無いのでそれはそれとして、<先が気になってしょうがない感>はかなり強いです。今のところ。


この2巻だけでの当ラボの評価は、★★☆


これからが楽しみな作品。3巻まででてるようなので、そちらもすぐ。


今回の研究結果は、ロビタ4号のラボの<comic - '10>の方にUPしておきます。


それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~

[PR]

by robita00 | 2010-08-05 23:15 | ┗ comic - '10 | Comments(0)