【名曲普及促進委員会 会報Vol.59】 ≪OF MONTREAL≫ NIGHT !


どもです。今日は名曲普及促進委員会より、会報のお届けです。

今回は以前話題になった、というかどうやらまたここ2,3年で注目されているらしい、OF MONTREALの特集ということで。

ちょうど2000年頃でしょうか、彼らを含むいわゆるエレファント6(界隈)などというシーンというか、そういう集団が話題になっていたのは。

彼らは1997年にジョージア州アセンズで結成し、その頃そのアセンズ辺りで同様の音楽を演っているバンドなどが集まって自然発生的に作られたのがこの≪エレファント6 / アセンズ周辺 / キンダーコア≫という音楽サークルで。
ボクもその頃に知り、その辺りのバンドを聴き漁りました。が、特別好きになったのはこのバンドだけだったかな?

かの小山田圭吾氏が、彼らの2nd Al.をフェイヴァリット・アルバムに挙げたなどから、ここ日本でも一気に認知されたようですねー。知らなかった。

音楽的には、んーなんだろー、≪ガレージ・ポップ≫っつーカンジですかね?


   *   *   *   *   *   *   *   *   * 


                【本日の1曲目】

a0035263_9431895.jpg

          " One Of A Very Few Of A Kind "   


#1のコレは、こんな曲を朝一に聴いて、「さぁー、やったるでー!」っていう勢いのある感じではなく「さ、今日ものんびりやりますか」みたいなテンションにしたいボクみたいなのには、いいカンジです^^
小山田氏フェイバリットの'98発表の2ndより。
※自分でUPしたらだめだった・・・ので、他の人ので。画像は無視してくださいねー。     




                【本日の2曲目】

a0035263_947412.jpg

             " Jennifer Louise "


#2のコレは、ボクのではなく既にUPされていたものを。
'02発表の5thからの1曲で、この頃は既にちょっと好きなとこから外れてきていましたが、この曲は好きでした。





                【本日の3曲目】

a0035263_9504473.jpg

       " A Collection Of Poems About Water "


#3のコレも、ボクのではなく既にUPされていたもので。
'99発表の3rd 『GAY PARADE』からの1曲で、このアルバムがボクは一番好き。
このガチャガチャした音が好みでありました^^
途中”海に浮かんで”という日本語が出てきます。ケビン・バームス君は日本好きかな?





                【本日の4曲目】

a0035263_11125746.jpg

             " Neru No Daisuki "


って、そればかりか日本語の題名の日本語で歌ってる曲が!
#4は、'01の4thの日本盤ボーナストラックの1曲。
歌詞もいいです^^





                【本日の5曲目】

a0035263_11151253.jpg

       " Nickee Coco And The Invisible Tree "


最後の#5は、また『GAY PARADE』より。
彼らの曲の中でも一番好きな曲。

ニッキー・ココは家の裏のトマト畑に行く途中、堂々と高くそびえる木を発見、登ってみるとあまりに快適でそこで眠りこんでしまう。
夜になっても帰ってこないことに心配し、半狂乱になった母親。ニッキー行方不明のニュースはたちまち町中に広まり捜索が始まる。

それでも何日も、何週間も帰ってこない。それでもみなの頭からニッキーのことは片時も離れず、捜索は続く・・・

というお話。で、ここからは歌詞どおり。

   そんなある日、たまたま一羽のフクロウが、相変わらず見えない木のなかで
   すやすや眠っているニッキーのそばを通りかかり、町の人々に伝えようと急
   いで引き返した。フクロウの通訳が呼ばれフクロウのすばらしいメッセージが
   理解されると、町じゅうの人たちが嬉々として、小さなニッキーがまだぐっすり
   眠る見えない木のところまで歓声をあげ、やっと目をさましたニッキーを頭上
   にかつぎあげ、勝ち誇って町まで行進すると、ニッキーの帰還を祝して盛大な
   パーティをひらき、こんな歌をうたった・・・・・・

   みんなあなたを愛している ニッキー・ココ
   あなたを失ったかと思ってとても悲しかった
   ベイビー・ココ 今はとても幸せ
   だって とうとうあなたを見つけた
   あなたを見つけた
   みんなあなたを愛している!!!



最後のみんなで歌うところが、歌詞を含め、そしてボクのある想いも含め、大好きなんですよね~^^


   *   *   *   *   *   *   *   *   * 


音はチープなカンジですが、メロディがとても好みで、その時期は聴きまくりましたねー。
こーゆー音楽って、今聴いても色褪せないですね~、その辺がお得^^

今は、この頃の音楽にサイケのフレーバーをまぶして、また注目されているそうです。
ちょっと聴いたけど、ボク向きではなかったなぁ・・・

ちなみに”オブ・モントリオール”というヘンテコなバンド名の由来は、中心人物であるケビンのガールフレンドの出身地から来ているらしく、彼女とのひどい別れを記念して名づけられたとのことでございます、はい。



それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!

o ̄_ ̄o)人 なますて~

[PR]

by robita00 | 2010-07-21 12:32 | ┗ song-oversea | Comments(0)