所長の研究日誌 (9/22) くもり 

今日の各ラボの研究発表は、
となっております。よろしくどうぞー。

                 *      *      *

ニュース、斜め読み。


【韓国「日本は最も嫌い、でも見習う存在」】

<ニッカンスポーツより>
 韓国人が最も嫌う国は日本という調査結果が出た。韓国紙中央日報が22日付で発表した韓国人の意識調査で明らかになった。

 それによると「最も嫌いな国」は日本が41・0%で、米国の24・3%、北朝鮮の10・8%に大差を付けてトップ。日本では韓国のテレビドラマ「冬のソナタ」が高視聴率を記録するなど「韓流」と呼ばれる現象が、その実態を超えて過剰に報じられているような傾向も見られるが、韓国サイドでは相変わらず日本に対する嫌悪感が強いことを示している。

 その一方で調査は「最も見習わなければならない国」でも日本は32・8%で、米国14・3%、中国9・7%を大きく引き離している。日本を最も嫌いで、最も見習わなければならないとする韓国人の複雑な心境を示す結果となった。

 また「最も好きな国」は米国が14・3%、オーストラリアとスイスが13・7%。「最も警戒しなければならない国」は中国が44・3%とトップで、米国が28・8%、日本が14・7%の順だった。

 調査は8月19日から9月10日まで成人男女1200人を対象に行われた。



うーん、そう思われた方も複雑。
「最も嫌い」って思われるのも当たり前な意見なのかもしれないけどやっぱり悲しいし、「最も見習うべき」だと思ってくれるのも不思議な感じがします。どこを見習いたいんだろう?

それと、アメリカが人気だってのがすごく意外。ある一面的なニュースしか見てないから意外に思っただけかも知れませんが。まぁ、「嫌い」も多いからなんとも言えないとこですね。
多分日本でも、アメリカが一番好きで、一番嫌いっていう結果が出そうな気がします。



【警部補が容疑者の妻にわいせつメール】

<ニッカンスポーツより>
 千葉県警は22日、捜査1課の男性警部補(55)が、取り調べを担当している容疑者の妻に携帯電話でわいせつな内容のメールを送っていたとして戒告処分とした。警部補は辞表を提出、同日受理された。

 監察官室によると、警部補は窃盗容疑で7月上旬に逮捕された容疑者を担当。7月22日から8月26日にかけて、容疑者の妻に携帯電話でメールを約50回送信し、うち9回がわいせつな内容を含んでいた。また接見禁止になっている容疑者に、メールを取調室で見せたという。

 容疑者の妻が友人に話し、友人が県警に相談したため発覚した。



ダンナに見せてどうしようと…
「おらおら、お前の女房はこんなメールしてやがって。な、早くゲロっちまえよ」

「ってか、お前が出してんだろうが!」

しかも奥さんが友人に話してさらに県警に相談された、ってそういう展開になるのわかんねーのかなぁ。なんとも間抜けなハナシ…。


不思議国、ニッポン。
まぁ、ボクもその一員ですけど。

*      *      *


それでわ、本日の締めの句を。

「便利な言葉だろう?意味がない時に、使うんだよ。『ある意味では』ってね。」
                             
( 森博嗣 『夏のレプリカ』 )



それじゃあ、見に来てくれた方、どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by robita00 | 2004-09-22 21:53 | 所長の研究日誌 | Comments(0)