所長の研究日誌 (9/14) 晴れ。 

今日の各ラボの研究発表は、
となっております。よろしくどうぞー。

                 *      *      *

今日で「world down town」が最終回だなんて…。
確かにちょっぴりマンネリ化はしてきたけど、それでも面白かったのに。残念。

って、これを書くためだけに出しなおす奴。

                 *      *      *

ニュース、斜め読み。


以前、ここでも紹介した”ヨンサマ”、走ったみたいですね。
【大井競馬のヨンサマ、最下位デビュー】

<ニッカンスポーツより>
韓国の人気俳優ペ・ヨンジュン(32)にちなんで命名されたヨンサマ(牡2)が13日、大井競馬1レースに出走し、1着から5秒9の大差をつけられて最下位に終わった。

 ヨンサマは積極的なレースを展開した。スタート直後から果敢に先行したものの、3、4コーナー中間で後続にとらえられ、直線に入ってズルズルと失速。出走した9頭中9位の最下位でゴールインした。

 ヨンサマのデビュー戦には、通常、報道陣が数人しかいない新馬戦としては異例の60人が殺到。ヨンサマが驚いてしまうと危険を察知したと主催者側が、ダート横のカメラマン席を、5階のテラス席に移設する異例の報道規制が敷かれた。

 また“ヨンサマ”つながりで、ぺのファン約10人が応援に駆け付けた。40代女性を中心とする10人は、ぺの顔がプリントされたおそろいのTシャツを着用。ぺの特製うちわを片手に、スタンドで「ヨンサマ~」と黄色い声援を送った。


「って、何でもいいんかい、オバハン!」
”ヨンサマ”つながりってそりゃそうだろう、パクってんだから。
40代女性…黄色くない!声、黄色くない!!


これはスゴイ話だ…。
【ヘルメット、死んだ主人に代わって犯人自首させる】

<サンケイスポーツより>
死んだ主人に代わってヘルメットが犯人の車を60キロも追いかけ、逮捕に追い詰めるというひき逃げ事件が東京で起きた。ワゴン車の下に引っ掛かって逃げる道中「ガーガーゴロロ」と被害者の叫びのような異音を上げ続け、犯人の男は「首もあるのかと怖くて確認できなかった」。何とか帰り着いたが一夜明けてヘルメットに引っ張られるようにして自首した…。

 高速道路など1時間15分、60キロの道のりを“忠ヘル”に追いかけられた末に道交法違反(ひき逃げ)と業務上過失致死の疑いで警視庁交通捜査課に捕まったのは埼玉県上尾市上尾村の会社員、土井政利容疑者(49)。調べでは9日午後11時45分ごろ、東京都世田谷区用賀の首都高速3号上り線でワゴン車を運転中、前方で転倒したビッグスクーター(400cc)の千葉県鎌ケ谷市富岡、会社員、高橋宏幸さん(31)をはね、そのまま逃げた疑い。高橋さんは頭や背中をひかれ即死状態。

 まもなく通りかかった運転者の通報で高速隊員が現場に駆け付けると、スクーターから40メートルほど先の路上にあった遺体のあごにはヘルメット装着ベルトの跡があったが、肝心のヘルメットはなし。高架下に落ちたとみて懸命に捜索したが「見つからなかった。不思議に思っていた」と捜査関係者。ところが意外なところから出現した。

 ワゴン車が高橋さんをひいた際に「左前輪と車軸の間にスポンと入り込み、スイカが転がるような状態」で、土井容疑者は自宅から数分の会社事務務所まで運転を続けた。「ガーゴロゴロ」「ゴトゴトカラカラ」。1時間15分、約60キロにわたり車体の下から響き続けた叫びのような異音に「首や何かがあるかもしれず、怖くて途中で確認できなかった」と話す。ようやく事務所に着いて恐る恐るのぞいてみると何とヘルメット。取り出して事務所に置き帰宅したが、一夜明けた10日午後2時ごろ、地元上尾署にヘルメットを抱えるようにして出頭。最初は「首都高でスクーターが転倒するのを見た。何かあったのでは…」などととぼけたが、同署や警視庁で不審なヘルメットを追及。現場に残った塗装片とヘルメットが一致した事実などを突き付けると「ドンと衝撃を受けたが、怖くなって逃げた」とひき逃げを認めた。

 ヘルメットは“叫び”ながら路面との摩擦で直径5センチほどの穴が開いていたが、ベルトは装着時の結んだ状態のまま。交通捜査課は「後頭部側からスッポリ抜けたらしいが、こんな外れ方は聞いたことがない」と驚いている。


「『何かあったのでは…』って、怖がりなんだか、図々しいんだかっ!」
にしても、やっぱりすごいことですねー、これは。
しかし、ヘルメット持参して、とぼけようってのがすごい。
「お前は転倒したのを見ておきながら、何かあったかわからんのかいっ!」
2回ツッコんじゃったよ、もう。

まぁこういう記事は、作り手のセンスかな?とも思うけど。そういう風に取れるかどうか、が記者としての技量なんだろうなぁ。

このほかにも、轢いた現場を通りかかった時に見た花束を見たり、遺族の手記を見たりして自首した例もあるそうです。
色々考えさせられます…。

                 *      *      *

それでわ、本日の締めの句を。

犯罪者であっても、スヤスヤ眠る、素晴らしき世界だね。
クロだったものも、シロに化かす、ホント、素晴らしき世界だね。

忌まわしき世界だね。

                             
( 中村一義 『素晴らしき世界』 )



それじゃあ、見に来てくれた方、どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by robita00 | 2004-09-14 21:53 | 所長の研究日誌 | Comments(0)